電動車椅子サッカーをテーマにした映画が完成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

茨城県では、まだ活動しているところはほとんど無いようですが、重度の障害のある方が電動車椅子を用いてサッカーをする電動車椅子サッカーという競技があります。この度、中村和彦監督が6年間かけて撮影してきた電動車椅子サッカーのドキュメンタリー映画「蹴る」が完成しました。10月26日に東京国際映画祭でワールドプレミア上映されます。また、2019年春に東京のポレポレ座東中野でも上映が予定されています。興味のある方はご覧になってください。